開放骨折

  • open fracture, compound fracture

  • 概念
  • いったん空気に触れた骨は汚染され感染するものとして扱う
  • Gustiloの分類: -画像-

  • 処置
  • 開放創の周囲、創内の清浄化
  • 挫滅組織の切除
  • 骨折の処置: GustiloV-Aまでで汚染部が小範囲で早期に徹底したデブリードマンができ受傷6時間以内ならば、内固定しても感染は起こりにくいといわれる。それ以外は創外固定を行う。
  • 抗生物質投与: 処置を始まる前に広域スペクトルの抗生物質を投与し術中に術野の濃度が最高になるようにする
  • 破傷風の予防: 抗破傷風ヒトグロブリン注射
  • ガス壊疽の予防: 徹底したデブリードマンが基本
  • 創の閉鎖: GustiloV-Bでは創を一時的に閉鎖してはならない
  • 皮膚欠損部の処置


  • ref77
  • 050924
  • Contents