肝腎症候群の診断基準

 (International Ascites Club,1999)
Gine's P, Arroyo V:  J Am Soc Nephrol 10:1833, 1999

 肝腎症候群

 主要項目
 糸球体濾過率の低下(血清Cr>1.5mg/dLまたは24時間CCr<40ml/min)
 ショック細菌感染体液喪失腎毒性薬剤の投与がない
 利尿薬の中止と1.5literの血漿増補液輸液による血漿増容によっても持続的な腎機能の改善(血清Cr≦1.5mg/dLまたは24時間CCr≧40ml/min)がない
 蛋白尿が<500mg/dayで エコー上閉塞性の尿路病変や実質性腎疾患がない

 付加的項目
 尿量<500ml/day
 尿Na濃度<10mEq/Liter
 尿浸透圧血漿浸透圧
 尿沈渣(赤血球)<50/hpf
 血清Na濃度<130mEq/Liter


Contents